―アヴァンスを買う前にチェック!―

アヴァンスを使用して
効果がある犬、効果がない犬、その違いは一体どこにあるの?!

⇒アヴァンスで効果がある犬、効果がない犬、その違いとは

01

 

 

 btn

 

ワンちゃんの為の化粧水で、被毛と皮膚を同時にケア。
全く新しいジャンルのケア商品として生まれた、ワンちゃんの為の化粧水「アヴァンス」!

 

・温泉成分から生まれた特許成分で肌環境を健やかに
・ノンアルコール、防腐剤フリー。化学薬品を無使用

 

ワンちゃんのための化粧水という、今まで目にしたことの無かったコンセプトの商品です。
愛犬家は、名前を聞いたことがあるかもしれません。

 

「毛艶を褒められることが増えました!」
「トリマーさんから、ケアが行き届いていると褒められました!」
「元々皮膚が弱かったのに、皮膚トラブルも少なくなったようです」

 

と使用者からは大絶賛。

愛犬のフケや毛並みのお手入れにお悩みの方は、アヴァンスを使ってみたいと思っているのではないでしょうか。

ですが、
これだけは先に知っておいた方が良いと思うのです。

アヴァンスを何度使おうと、何分泡パックしようとも

 

・アヴァンスで効果がない犬
・アヴァンスが効かない犬

 

に分かれてしまっているようなのです。
というより
・アヴァンスの効果が出ていない犬

と言った方が正しいかもしれません。

・・・

アヴァンスは、かなり優れたワンちゃん用化粧水です。
何故今までなかったのか、と不思議に思うほどの優れた商品です。

 

ワンちゃんの皮膚を守るためには、保湿が不可欠だと言われています。

 

なぜなら、ワンちゃんの角質層は人の三分の一程度と言われています。紫外線や乾燥などの外部刺激を受けやすく、皮膚のトラブルを招きやすいと言われているのです。

 

特に日本は四季がある為、ワンちゃんにとってトラブルを受けやすい環境にあると言えるでしょう。

 

皮膚や被毛を健やかに保つためには、ワンちゃんの皮膚が外部刺激から耐えられるよう常に保湿され、正常なターンオーバーを繰り替えすことができる状態である必要があります。

 

アヴァンスは、別府温泉から生まれた「温泉藻類RG92」という特許成分が配合されています。

 

しかも

アヴァンスはワンちゃんのために、原料や成分だけでなく製造過程においても化学薬品を使用しないという徹底ぶり。

品質や安全性においては、厳しい基準をクリアしているとの事ですから、安心して使えます。

 

薄い皮膚を健やかに保つ + 被毛サイクルに合わせたケア

 

これが、特許成分が配合された、世界に誇るアヴァンスから得られる効果です。ですが、

 

そんなアヴァンスを使っても、効果が出ないワンちゃんがいます。
アヴァンスをたっぷり使っても、効果を実感出来ないワンちゃんがいます。

 

それが

・アトピーなどの病気を患っているワンちゃんです。

 

ワンちゃんもシニア世代に入ると特に、フケが出始めたりかゆがったりと、今までには無かった症状に悩まされますね。

 

特にアトピー性皮膚炎は、遺伝やアレルギー反応が原因で発症します。
ワンちゃんの実に1割は、アトピー性皮膚炎を発症しているといわれるほどです。

 

ビーグル、ゴールデン・レトリバー、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどは遺伝的素因があると言われています。

 

遺伝だけではなく、その他にもアレルギーの原因となる物質が皮膚のバリア機能を通って侵入した際、アレルギー反応を引き起こすことで発症する事もあります。
アレルゲン(アレルギーの原因物質)の存在
皮膚のバリア機能が落ちているところに、アレルゲンが侵入
侵入したアレルゲンによって、身体が過度に反応を起こす
残念ですが、このようなワンちゃんはアヴァンスで効果を得られません。

 

・もともと遺伝的素因があり、年齢や状況により発症してしまった
・アレルギー反応として、アトピー性皮膚炎を発症してしまった

 

というより、アヴァンスの効果を実感できないのです。

 

なぜなら、

アヴァンスの皮膚を健やかに保ち、被毛をケアするという効果、
それ以上に症状の進行が強く働いてしまっているからです。

 

確かに、

アヴァンスには、温泉藻類RG92によって角質層を正常に健やかに保つ効果があります。
また独自配合された

 

・加水分解コラーゲン
・ユーカリ葉エキス
・ローズマリー葉エキス

 

によって、潤いに満ちた肌に導く成分が含まれています。
これらの成分が角質層の潤いを保ち続け、フケや皮膚病の発生を予防する効果も期待できているのです。
しかも無添加ですから、安心して使用できるように作られているのです。

 

btn

ですが、

アヴァンスはあくまでも、ワンちゃんの皮膚トラブル予防や乾燥ケアのための商品です。
あくまでも、人間の化粧水と同じ位置づけにある商品なのです。

アトピー性皮膚炎などの皮膚病は、乾燥や紫外線以外の原因で引き起こされています。

 

元々皮膚状態の良くない状態のところに、病原菌やアレルゲンなどが絡み合って発症します。

 

病気によるフケやかゆみは、皮膚内で起きている問題なのです。

皮膚内で起きているトラブルを、化粧水でケアしようとしても難しいのです。

 

分かりますよね・・・。
・・・
もちろん、症状が軽い場合は
アヴァンスの効果で治ったと思えるかもしれません。

ですが、

アヴァンスがいくら、ワンちゃんの肌ケアに良いといっても薬ではありませんから、

病気で皮膚内からトラブルが発生しているワンちゃんには、その効果が実感できないという現実にあります。

図で表すと、以下のようになります。

見てお分かりのように、

アヴァンスの効果も、病気に押されてしまうのです。

◎アヴァンスで効果を感じないワンちゃん

アヴァンスによる効果⇒⇒⇒
←←←←←←←←アレルゲンによるダメージ

◎アヴァンスで効果を感じるワンちゃん

アヴァンスによる効果⇒⇒⇒
←乾燥や紫外線からのダメージ

・もともと遺伝的素因があり、年齢や状況により発症してしまった
・アレルギー反応として、アトピー性皮膚炎を発症してしまった

 

このようなワンちゃんには、アヴァンスを使用すると同時に動物病院

一度診察を受け、治療を始める事が不可欠です。

 

最後にまとめます。

◎アヴァンスで効果を感じないワンちゃん

・もともと遺伝的素因があり、年齢や状況により発症してしまった
・アレルギー反応として、アトピー性皮膚炎を発症してしまった
(※症状が軽度である場合、一時的な改善は期待できる)

◎アヴァンスで効果を感じるワンちゃん
・加齢による肌の衰えが始まった
・生まれつき皮膚が弱い
・病気ではないが、フケが発生している
・体毛が長く、毛並みのお手入れに苦労している

btn